FX初心者入門

FXの基礎記事一覧

FX(Foreign Exchange)は、日本語で言うと「外国為替証拠金取引」と言われております。「外国為替証拠金取引」と呼ばれる言葉を、順に見ていきたいと思います。「為替」とは元来「何かを交換すること」といった意味です。「今日の為替相場は1ドル○○円〜」と呼ばれてるのを、耳にしたことがありませんか?このことは「今日、1ドルと円を交換するための相場は〇〇円〜」という事です。外国為替とは、このよう...

FXにおいて注意しないといけないのは、マージンコールやロスカットを受けないくらいの、安全圏での取引をやることを、心がけるべきだ、という事です。マージンコールっていうのは、追加保証金の事です。FXの口座に預けている証拠金より、含み損を引いた金額が、一定の割合以下に至った場合、FX業者を介してはマージンコールという仕組みを採択する場合があります。もうちょっと証拠金を加算したり、ポジションの一部を決済し...

レバレッジというのは、元々は『てこ』とされる意味となっています。わずかな力で絶大なる力を生じさせる『てこの原理』はご存知だと思います。FXにおきましては、レバレッジというシステムにより、小さな為替変動でも巨額な利益を出すことであったり、少額の証拠金の場合でも、巨額の取引が出来るケースなどが、長所となっております。仮に、レバレッジを100倍に設定した場合「証拠金10,000 円×100 倍=1,00...

FX取引を開始する際に、最低でも「円高」「円安」といった要因を分かっておく必然性があるのです。始めのうちは「円高」「円安」といった言語から受け取るニュアンスと、単価のニュアンスが相違して、困惑するため、次なるように考慮すれば良いと思われます。現在、1 ドルが110 円だと仮定します。次の日、1ドルが100円に変わっていたとしましょう。1 ドル買うために110 円必要であったけれど、次の日になると、...

FXは、日本語で言うと「外国為替証拠金取引」という言葉で呼ばれております。そんな理由で、証拠金を元手に取引を開始する、という内容であると事が理解できます。FXは「証拠金以上の額の取引が、容易に実行できてしまうわけです」といった部分が、うまい面でもあって、あわせて怖い面とも言えるでしょう。最初に預け入れ、FX口座を開設することを目的に証拠金の額においては、FX業者サイドにしても異なりますが、最低1万...

FX(外国為替証拠金取引)とは【国どうしの通貨を取り替える売買のこと】となります。FXで交換することが可能な通貨というのは、日本円と、『米ドル、カナダドル、ユーロ、スイスフラン、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル』の何方かのペアといったものが、あげられます。通貨ペアの表示の方式なんですが、「ドル/円」、「ユーロ/ドル」とされることから、二つの通貨を"/(スラッシュ)"で挟んで表示しているのです...