FX初心者入門

運用方法について記事一覧

FXは、短期トレード、長期トレードのいずれの方が有利とは一概には決め付けられません。けれども普通の場合には、短期トレードは、集中して相場に向き合っていることだと言えますので、短期トレードを繰り返すというやり方により、長くFXを続けていくことは、本業があり忙しい人には、難しい話かも知れません。反対に長期トレードの場合になりますと、頻繁にトレードをする事もないのですが、精神的に負担があるといった事も性...

投資の世界ではFXに限定した事ではありませんが【損小利大】といった言葉が、わりと本犯に使われています。「損失を1 とすれば、利益は3 とる」という意味が【損小利大】の意味になります。この原則を一つの基準として、自分自身のルールを決める事が肝要になります。FX取引は一般的に、一回のFX取引での損失は、手持ち資金の10%以内に納めるのが基本とされています。つまり証拠金が100 万円の場合でしたら、一度...

確かにFXは、投資初心者には敷居が少し高いと言った事はまるっきり否定できないのも事実です。ですが、専業のトレーダーばかりがFX取引をしてるるといった事ではありません。また、専業のトレーダーであったとしても、昔のようにパソコンの画面に貼り付きっぱなしという事でもありません。そのような時代は、もうk過去の話となっているのです。。FXでは取引回数の多い人よりも、そうでない人のほうが実は効率よく実績をあげ...

FXで利益を上げる事を望むなら、ポジションを持ったときの損益が、どのくらいになるか、いかなる時も計算をすべきです。1万通貨保有していたケースだと、1 円の為替の動きで1 万円の損益になってくるのです。FX口座管理画面であっても現段階のポジション保有量に対する損益計算を実行してくれます。一方、今後のレート変動においては、損益計算は実行してくれません。自分で実行できるように、しておく事が肝要です。FX...

FX取引は、1回の取引で利益が出たのか、損をしてしまったのか、という問題に左右されることなく、ある一定期間で利益が出たのか損をしたのかを、見極める事が重要です。ほとんどのケースでは、1 年間で想定します。このことは、所得税などを納付するためにも、重大な見識だといえます。FX取引のmいならず、株取引というものを見ても、一回、一回の取引で、損失・利益の両方とも出る可能性があるのです。ただ、1年トータル...