FX初心者入門

IFD注文・OCO注文

IFD注文というのは『イフダン』は言います。
『IF=もしも、もしかしたら』『D=done=実行する』といった意味となります。

 

例をあげると、こういった方法があるのです。

 

『米ドル円が102 円とすると1 万通貨を買いで注文を出す。』『その注文が通ったらそのあと、それのポジションを103 円となった時に決済します。』

 

IFD注文ならば、一度で二つの注文を出すのが可能です。
こんなふうに、IFD 注文というのは、新規で出した注文が通ったら次の注文を通す、といった方法となります。

 

更に、OCO注文といった方法まであるのです。
OCO注文は、『One Cancel the Other』の略語となります。
二つの注文のうち一方の注文が通ったら、もう一つの注文はキャンセルするといった方法となります。

 

簡単に説明すると、『米ドルのレートが100 円になると買いポジションを取る。』『米ドルのレートが110 円になったら売りポジションを取る。』といった方法になります。

 

米ドルのレートが、100円〜110円の間を行き来されているとすれば、こういった二つの注文のうち、『どちらか一方が成立する』といったケースがあるのです。

 

一方の注文が完了した後で、もう一方の注文はキャンセルをするのです。
IFD注文、OCO注文を組み合せたIFO注文と呼ばれる方法もございます。

FX初心者入門レポートを無料プレゼント!

このレポートを手にする事は、FXの基礎をザックリと把握するには近道です。
完全無料レポートなので是非とも受け取られてください。


FX初心者必見のレポート

0からサクッとわかる

FX初心者入門
※全120ページのFXレポート



FXがたった100円から出来るのは何故?


⇒ FXが本当に、わずか100円から出来てしまう訳について
現実に、FXは取引を行う限られた業者によっては、 たった100円から、取引が出来てしまう場合があるのです。初心者の方でも、100円ならばmリスクなく又、練習の意味も加味して実践する価値があると思います。その方法についての、詳細を確認するにはコチラのページを、ご覧ください。

関連ページ

逆指値注文とは?
FXの関連情報の事なら、基本的な情報を中心に丁寧にご紹介している当サイトをご利用ください。FX入門者必見!FXの教材やツールなども知りたかった事を、お届けしています。
使い分けする方法
FXの関連情報の事なら、基本的な情報を中心に丁寧にご紹介している当サイトをご利用ください。FX入門者必見!FXの教材やツールなども知りたかった事を、お届けしています。
指値注文
FXの関連情報の事なら、基本的な情報を中心に丁寧にご紹介している当サイトをご利用ください。FX入門者必見!FXの教材やツールなども知りたかった事を、お届けしています。
成行注文
FXの関連情報の事なら、基本的な情報を中心に丁寧にご紹介している当サイトをご利用ください。FX入門者必見!FXの教材やツールなども知りたかった事を、お届けしています。